地方創生に役立つアプリを制作するRESASハッカソンを開催(名古屋・岐阜)

内閣府が開発運用を行っている、ビッグデータを集約し可視化を可能にするシステムRESAS(リーサス)のハッカソン(※)が全国10箇所で開催され、名古屋と岐阜でも実施される。
(※ハッカソンとは、複数人でマラソンのように短時間でアプリやプロダクトの制作を競うイベントのこと)

RESASで扱うデータ、特に地域経済の分析や地域の魅力発掘に役に立つ題材に対して、RESAS-APIを使用したアプリをチームで開発する。
参加資格は個人でも企業でも可。参加費は無料(サイトの申込資料より事前申し込み必要)

 

岐阜会場

「RESASハッカソン2017 in 岐阜 ~Web・IoTで創る岐阜のミライ~」

日程:2017年11月23日(木)、12月2日(土)~12月3日(日)
開催地:岐阜県大垣市(会場:ソフトピアジャパンセンター)

愛知会場

「RESASハッカソン2017 in 愛知 ~Web・IoTで創る愛知のミライ~」

日程:2017年11月18日(土)~11月19日(日)
開催地:愛知県名古屋市(会場:名古屋工業大学 NITechHall ラーニングコモンズ)

詳しくはこちらをご確認下さい。

内閣府 地方創生推進室 RESASハッカソン 事務局

https://www.softopia.or.jp/public/event/ictentry2017/

※出展画像は出展先(内閣府 地方創生推進室 RESASハッカソンWEBサイト)より引用

関連記事

運営会社

アントベアクリエイツ合同会社

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦1丁目17-13
名興ビルディング2F

ページ上部へ戻る